ホーム | つみ木1 | つみ木2 | 0歳 | 1・2歳 | 3歳〜 | 価格表 |

つみき選びのポイント!

1.同じ形がいっぱい
特にレンガ型(レゴ・ダイアブロック型・直方体)を。集団には500ピースほど与えてあげたい。

2.長い棒の積み木がいっぱい
長い棒の積み木は、柱やはりになって、空間を作る大切な道具です。

3.基尺が同一のものを

積み木選びの常識です。正立方体の一辺の長さを基本に積み木が作られています(基尺)。基尺の違う積み木が混ざると、数学的な法則性を、子どもが直感できなくなります。

積み木の遊び方

1.幾何学模様作り遊び

 積み木を並べて模様をつくって遊ぶことは、形あるものの不思議やその形の性質(法則、パターン等)を認識する、大切な行為です。できれば一緒に遊びながら、「ほら、こんなのできたよ」「そう、これは何の形かな?」と、会話しながら、より興味を引きだしてあげて下さい。

ずけいであそぼう1
 

さあ、おなじかたちのつみきを
8こよういして、スタート!
→ 
ほら、きれいにひっついた。
おひさまかな?おはなかな?
→ 
4こをなかのほうへずらしてみ
よう。米っていうかんじみたいだね。
→ 
こんどは、そとがわの4こを、
よこにならべてみよう。
→ 
これはなにかな?とけいかな?
ひまわりかな?

ぜんぶひろげると、こんな
かたちになっちゃうよ。

ずけいであそぼう2
 

3コのつみきのかどをくっつけ
て、よういドン! 

さらに2こ、くっつけて

どんどん、くっつけていこう

おおきなほしがたになったよ。

ここからはタワーづくりにちょう
せんだ! まず6こつんで、

 そのうえに3こつんでみよう。

ほらほら、どんどんつんでいこう。

さあ、タワーのかんせいだ!


こうすれば、ロケットにもなるね!

2.積む

 互い違いに積んだり、隙間なく積み上げたり、いろいろな積み方をすることによって、構造物が高く、強く積み上げられます。

つんでみよう(はしからたてもの

つみきを5つよういして、
こんなふうにつんでみよう

1つ、2つ、3つ、どんどんつな
げて、はしをつくろう

つぎは、つきまをうめて、たかく
つみあげていこう

ずれないように、ゆっくりと
まげていって

もういっぽん、はしをつくって、
4ほんあしにしよう

そして、そのうえにはしらを
8ぽんたてて

つぎは、はしらのうえに、
よこむけに8こだ

こんどは、そのうえに7こ、
またそのうえに5こ

だんだんたかくなって、
さあ、これでかんせいだ

つみ木遊びをムービーでご覧ください

RealVideo(TM) format
(tsumiki.rm 870KB)
☆ダウンロード後再生されます。(ストリーム再生には対応していません)

 
3.街づくり、人形の家あそび

 つみ木で、家具や、家などの間取りを作って楽しむ遊びです。動物つみ木をつかって、ごっこ遊びも楽しいですね。また、いろいろな長さの積み木を使って、道や橋、家、ビル、塀などに見立てて街を作るのは、子どもが持っている社会性の表現です。

つみきのおへや


 らせんかいだん、テーブル、いす、ベッド、ピアノ……どんなおへやができるかな?
 らせんかいだんは、ちょっとむづかしいけど、つみきで、つっかえぼうをつくって、ささえてやると、たおれないからね。
 <どうぶつつみき>もつかって、あそんでみよう。

まちをつくる



 こうそくどうろをつくってみよう。ながいつみきをうまく使って、りったいこうさのあるインターチェンジだ。
 どうぶつつみきのくるまを、ならべてはしらせたら、たのしいよ。

 がっこう、どうぶつえん、おうち、ガレージ。きみのまちにはなにがあるかな? どうぶつつみきをうまくつかって、つぎは、きみがすんでいるまちをつくってみよう。